風呂は住宅では拘りたいところです

住宅の設備で私がとても重要視したいと考えているのがバスタブになります。どんなお風呂場であるのかということをかなり気にしたいと思っています。例えばお湯が冷めにくいバスタブなんてものはとても導入したいと思えるものとなっています。長時間の保温が効くということになりますので基本的に電気代などが節約できるということがあるからです。そして、もう一つは手入れが楽なものにしたいとも思っています。住宅では見栄えを大事にするということがあるのですが、見栄えも大事ではあるのですが、さすがに住宅性能のほうが、ということになったりすることもあります。ですからお風呂にもこだわりたいとは思っているのですが単純に広くすれば良いとか檜の風呂にすれば良いというわけではなく、排水性能が高く、水回りのことになりますから、あまり周りを腐らせないような形にするとかそういうところにも配慮した住宅にしたいと思っています。ここで失敗しないようにすることです。